ネットワークグループ

ネットワークグループとは

 ネットワークグループでは,従来よりも高速な通信を実現するべく全二重通信を用いたアドホックネットワークの研究を行っています. また、建設現場で用いられるロボットをワイヤレスに接続し、DX・自動化を実現する研究を企業と共同で行っています.

単語帳
無線センサネットワークアドホックネットワークルーチングメディアアクセス制御マルチホップ通信帯域内全二重通信指向性通信

帯域内全二重マルチホップアクセス

 帯域内全二重通信は、同一周波数、同一時間で無線端末が送受信可能となる技術です. 理論的には、従来の半二重通信に比べスループットが2倍になります. しかし、帯域内全二重通信では、ネットワーク中で通信可能な無線端末の組み合わせが増えるため、送信端末を決定する制御(メディアアクセス制御)は、半二重通信に比べ複雑になります.
 私たちは、指向性アンテナを用いて空間分割を行うことで,帯域内全二重通信における与干渉/被干渉を低減するメディアアクセス制御の研究を行っています.特定の方向へ集中して電波を放射することができる指向性アンテナを無線通信に用いることで、不要な電波の放射や受信を抑制することができます.指向性全二重通信を活用することで,様々な環境,ネットワークトポロジーにおいても高いスループットを実現できると考えられます. 私たちはこれまでに,1つの端末内に2系統の送受信機を用意し,それぞれに固定指向性アンテナを取り付けた新たなハードウェア構成を提案しています.また,マルチホップ全二重通信をソフトウェア無線に実装し,端末が直線状に配置された環境において,情報をパイプライン的に伝送することで半二重端末によるマルチホップ通信よりも高いスループットと良好な遅延特性を示しました.

指向性マルチホップ通信の実験の様子

建設作業のDX・自動化

 現在,建設現場では労働人口の減少への対応や生産性向上が求められています. 特に作業員への負担が大きい作業である,鉄筋の配置(配筋)作業の省力化・効率化が課題となっています. この作業は建築物の図面に記載されたとおりに鉄筋を配置するものです. この配筋作業を複数のロボットを用いた協調動作によってワイヤレス化・自動化することを目指しています. 私たちは複数のロボットが形成するネットワークにおける通信制御方式についての研究を行っています.

建設現場のDX・自動化のイメージ